子供のO脚X脚解決サイト

スポンサードリンク

子供のO脚・X脚とは

2〜3歳頃に、直立して両足を揃えて踵の内側、内くるぶしをひっつけて立ち、膝同士の間が 7cm 開いていれば、O脚の傾向があります。

O脚が強い場合は、くる病、Blount病、種々の骨端成長障害を鑑別する必要があります。

逆に、6歳頃に、直立して両膝をつけて、両足の内くるぶし同士の間が大人の指 4 本分ほど開いていれば、X脚の傾向があります。

年齢を考えた上で強いO脚やX脚の場合、片方の脚だけに変化が強い場合、低成長といえるほど年齢に比して身長が低い場合などでは、骨、軟骨、関節、神経などの異常がないかどうか、チェックします。


その他、先天的な骨系統疾患、内分泌疾患、代謝疾患、炎症、腫瘍、麻痺性疾患を考慮します。

Blount病(ブラウント病)とは、内反膝 ( O 脚 ) になる病気の一つで、原因不明。

女児に多くみられる。

子供の足の成長

子供の膝の形態は6歳まで大きく変化する。歩行開始時の膝はO脚である。その後少しづつO脚は弱まり、2歳前後にはほぼ真直ぐな膝となる。その後は逆にX脚が進行して、3歳半でX脚は最大となる。

3 歳半を過ぎると逆にX脚は少しずつ弱まり、6歳頃に軽いX脚となり、以後はあまり変化がない。

左右の膝の角度が同じであり、歩き始めてからO脚が改善しX 脚にむかって行けばよく、

また、3歳半からはX脚が改善してゆき、6歳ころには軽いX脚になれば問題はない。

左右の膝の角度が異なったり、上に述べたような変化をしない場合はなにか原因となる疾患が潜んでいる可能性がある。

子供のO脚X脚 原因・治療

生まれたときはみんなO脚なのですが、通常2、3歳頃にいったんX脚になり、4〜6歳、遅くとも10歳くらいには、まっすぐな脚になると言われています。

この過程で何らかの問題があると、O脚やX脚のまま成長してしまうことに。

例えば、乳幼児期に早く歩かせようとした場合。まだ細くて弱い脚の骨の内側に、全体重がかかり、膝の内側の骨の発育が鈍ってしまいます。

しかしながら骨の外側だけは成長するので、O脚のまま成長してしまうのです。

O脚は通常1歳半から2歳ごろまでに自然に治りますので気にする必要はありません。

骨の異常が原因の場合、装具による矯正や手術で治療します。

X脚は小学校入学の頃には自然に治るため治療の必要はありません。

8歳を過ぎても極端なX脚が残る場合は、いちど医師の診察を受けて病的なものかどうかを確認することをおすすめします。

スポンサードリンク